ピロのブログVer3

Ver2の続きです

車両撮影記

近鉄の構内入替灯付き車両(前編)

今回の記事では、2021年4月1日時点までで竣工した近鉄高性能車を着目対象として、構内入替灯が設けられて登場ないしその状態へ改造された車両の妻面周辺外観を各形式の登場時期別でざっと紹介します。

着々と増備が進む近鉄特急車80000系「ひのとり」

今回の記事では、着々と数を増やしている80000系「ひのとり」について、同系の営業開始前後から最近までで目立つと思えた動きを各時期別でざっと紹介します。

リニューアルが行われた近鉄団体専用車20000系「楽」(前編)

今回の一連記事では、リニューアルを終えた20000系「楽」について、感想や考察も交えながら、高安出場後の目立った動きと内外装更新で着目できた変化を幾つか紹介します。

現行近鉄一般車の妻面縦樋

今回の記事では、現在活躍中の近鉄一般車を取り上げ対象として、屋根上から中間妻面側に降りて来る雨樋配管が外に露出しているか否かに着目し、その縦樋の配置状況を各車両の登場世代別で簡単に紹介します。

車体B更新および内装更新が行われた近鉄一般車8810系8813F

先日、近鉄一般車8810系8813Fが車体B更新・内装更新等を終えて高安検修場を出場しました。今回の記事では、同編成で更新後に目立つ変化について簡単に紹介します。

近鉄 高安検修場の構内入替車

鉄道車両を診る車両基地や工場の中には、そこを入出場する車両の入替等を専属で行う構内入替車が存在しています。今回の記事では、除籍後に入替車となり、現在も活躍を続ける近鉄高安検修場の構内入替車を紹介します。

運行が終了した近鉄「鮮魚列車」

近鉄では、2020年3月13日を以て、長らく行商専用列車として設定されてきた「鮮魚列車」が運行を終了しました。今回の記事では、列車廃止公表後、最終運行までに見られた「鮮魚列車」関連の動きを簡単に取り上げます。

開業100周年記念運転が行われた近鉄生駒鋼索線宝山寺線

2018年夏、近鉄生駒ケーブルが開業100周年を迎え、これを記念した催しが各所で実施されました。今回の記事では、この時に行われたイベントを、100周年記念運転を中心に幾つか紹介します。

営業運転開始が近づく近鉄特急車80000系「ひのとり」

予てよりプレス等で伝えられてきた近鉄の新型名阪特急80000系「ひのとり」ですが、2020年3月14日(土)のデビューに向けた試運転が昨年末から行われています。今回の記事では、そんな80000系の最近までの動向を簡単に取り上げます。

「お召し列車」に充当された近鉄特急車50000系50103F

2019年11月下旬、近鉄では、複数回に渡って「お召し列車」が運転されました。今回の記事では、この時に設定された後半の「お召し列車」について、運転当日の様子と一緒に簡単に取り上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。