ピロのブログVer3

Ver2の続きです

○ 管理人の呟き (2020.10.11)

10月に入り、気温の方は昼夜の寒暖差が顕著になってきました。ここ数日の夜は少し寒い位ですし、暑い夏も終わっていよいよ過ごしやすい季節がやってきたと感じます。

一方、こうした季節の移り変わりが来ても、コロナウイルスは、依然として世界で猛威を揮っています。今や公共空間のマスク着用推奨は当然の事となり、コロナありきを余儀なくされる生活もまだまだ終わる気配がありません。最近はGo To トラベルやGo To イートといった消費促進事業が始まっていますが、本来ならたくさんあったはずの秋季イベントについては、その多くで中止か延期か規模縮小と発表される日々が続いています。非日常の楽しみを幅広く自由に享受する生活はしばらく戻らないのだと実感させられる今日この頃です。

コロナウイルスの感染拡大と冬の感染症が併せて懸念される中、ここ1ヶ月少しの近鉄では、80000系「ひのとり」に関して、8両固定編成の竣工や『グッドデザイン・ベスト100』の受賞といった話題がありました。

新しく登場した「ひのとり」の8両固定編成については、常時8両を維持する構成とされており、この点は増結用ユニットの挿入で適宜8両化を行う「アーバンライナーplus」と異なります。但し、工場入場時における収容の都合上、中間の4・5号車に当たる車両には、対面時お互いが斜め方向に向かい合うスタイルで構内入替用の中間運転台が設けられました。長らく6両が1固定編成辺りの最大両数であった近鉄車両に8両固定編成が登場した事は、需要増加に合わせて編成長大化が進んだ一つの新しい結果だと思えます。大柄な車体が綺麗に8両連なる見た目の編成には、従来の近鉄車両ではなかなか感じられない迫力があり、営業運転開始後は編成写真の記録にも積極的に赴きたい所です。

コロナ関係の自粛ムード全般については、まだまだ収まる気配がありませんが、今後、少しずつでも事態と様々な方面に出た影響が収束する事を願うばかりです。

(シロピロ)

 

最新の車両資料〈10〉

最新の車両撮影記〈10〉